ネコ対策の方法と心得

subpage1

ネコ対策をする前に一つ心得ておかなければならない事があります。
野良ネコとは無責任に人間が餌を与え、避妊手術も去勢手術も行わなかった結果増えてしまったネコの事です。庭をトイレ代わりにされたり、盛りの付いた声がうるさくてネコ対策を取りたくなる気持ちも分かりますが、本来は人間と同じ大切な一つの命であることを忘れてはいけません。


ネコ対策としてよく見かけるのがペットボトルに水を入れてあちこちに置く方法ですが、全く効果がない上に虫眼鏡効果でボヤなどが起きる可能性があり危険ですので撤去しましょう。



コーヒーやたばこの吸い殻、木酢液や忌避剤、棘やニンニク、唐辛子などを置く方がいらしゃいますがこれらは全く効果がありません。


クレゾールは嫌がるケースもありますが人間も臭いですしご近所にも迷惑がかかりますのでお勧めできません。


猫除けネットは通れないので別ルートから入ってきます。


防犯砂利は効果も上がっていますが慣れてしまいますし、テグスなどは足に絡まって人間も危険です。

猫は縄張りに固執する生き物です。


たまに見かけて物を投げたり大声を出したりするとかえって意地になりより固執する可能性があります。

OKWaveの有益性の紹介です。

また、毎日のルーティーンを大切にする生き物でもありますので、前出の大声で叱ったり物を投げたりするのであれば、毎日決まった時間に必ず通る時に徹底的にすると猫の方もルートを変える可能性があります。

一番効果的なのはセンサーで猫を感知し、猫が嫌がる超音波を発生するものです。



かなり効果的ですが、盗難の可能性もありますので設置する際は置き場所などに注意すると良いでしょう。