ねずみ退治の方法の種類

subpage1

ねずみ退治のための道具は、現在は様々な種類のものがあります。

ペストコントロの情報をお知らせいたします。

まず、毒の餌を利用した方法は、急性毒タイプは、おいしそうな匂いがしないため、食いつきが悪いものの、早めに効果があらわれます。
次に、慢性毒タイプは、誤飲しても問題はありませんが、誤って飲んでしまった場合には病院に連絡を取り適切な処置をしてもらう必要があります。

ただ、慢性毒については、耐性を持っているものもいるため、ねずみ退治がうまくできない場合があります。
ネズミ捕りのカゴは、真ん中に餌となるものを吊るして、カゴの扉を開けておき、ねずみが餌をとればカゴがしまります。掛かったねずみを溺死させたりして処理をする必要があるということがデメリットです。

ロケットニュース24に関しての関心度が高まっています。

設置したら放っておけばよい粘着シートは、通ったねずみがくっつき捕獲することができます。

ただし、くっついているねずみを処理しなければいけないことや、服や手につくと強力な粘着力なので、なかなか取れません。
煙タイプの駆除剤は、住んでいるネズミを一網打尽にすることができますが、そのときいるねずみしか駆除することができないため、しっかりとねずみ退治をするためには、寄せ付けないために忌避剤を併用することがお勧めです。


超音波は、人間にはなにも聞こえないねずみが嫌がる音を使います。
殺したり駆除したりする必要がなく寄せ付けません、しかし、家の構造によってはその音が届かないため、そういった届かないところにねずみが集中する場合があります。



業者に頼む方法は、家の中にいるねずみを全滅させることができ、再び侵入しないように対策することができますが、価格が高いことはデメリットです。