ねずみ退治をする理由とは

subpage1

ねずみ退治をしなければいけない理由として、衛生面、経済面、配線への害などが挙げられます。



ねずみ退治をする理由として、衛生面はかなり大きいかと思われます。


ねずみが媒介する病気として、噛まれることや排泄物などから感染する場合があります。

ビジネスジャーナル情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

さらに、ねずみについている寄生虫からも感染する病気があります。


経済面の被害としては、直接的にも間接的にも大きな被害があります。

まず、建物や家具など、ねずみが通路や巣をつくるために、建物の土台近くなどに穴をあけることがあり、それによって、建物の全体的な強度が下がってしまうことがあります。

食品への被害としては、一部を齧られただけでも、感染への危険が心配されるため、その食品をすべて処分する必要があり、また、食品を取り扱う企業やお店などでは、風評被害といったものもあります。

配線への被害として、ねずみは、ケーブルなどもかじって切断させてしまうため、電話回線を切断させてしまったり、電子機器の故障などの被害もあります。


かじられることで、電気ケーブルがショートして火災が起きたり、ガス管がやぶられてしまい、ガス漏れによってガス爆発が起こってしまう可能性もあります。
ねずみ退治をしなければいけないのは、ねずみによって、いろいろなものが噛まれてしまうことにあります。
ねずみは齧らないと前歯は伸びる一方となり、餌をたべたりすることが困難になってしまうので、それを防ぐために常に硬いものを齧っている必要があるため、ものを齧られる被害が多く、さらに、様々な病原菌などを持っているため、様々な被害を引き起こすため、ねずみがいることが分かったら、早めにねずみ退治を行う必要があります。